車を高く売るなら一括査定がおすすめです

血管年齢を若くする方法を知りたい方はこちらのサイトがお勧めです。

頭痛の治し方

一言に頭痛と言っても、その種類には様々あります。慢性の頭痛は大きく分けて3種類になり、それぞれ引き金となる要因や対処方法も異なります。

まずひとつめは片頭痛。特に女性に多い症状で、頭の片側もしくは両方が脈に合わせてズキンズキンと強く痛むのが特徴です。

この頭痛は症状が酷くなると、吐き気や嘔吐を伴い、立っていられないという状態になってしまうこともあります。人によっては前兆があり、良く知られているのは視界に光がチカチカするという症状です。

このタイプの頭痛は、脳の血管が拡張してしまうことが原因だと考えられています。だから、脈に合わせて痛むわけです。

血管が拡張していますので、治し方としては冷やして血管の拡張を抑えることが大切です。また、頭痛の最中に音や光に敏感になる人も多く、暗い静かな場所で安静にしていると少し症状が和らぎます。

予防としては、規則正しい生活を心がけることが第一です。ストレスや、睡眠不足などが発作の原因になると言われていますので、これらを避けることで発作の頻度を下げることができます。

また、このタイプの頭痛は音や光に敏感だとお話しましたが、それは症状が出ている時だけに限りません。騒音や強い光に反応して発作が起こることもありますので、普段からそれらを防ぐ工夫が必要です。

普段から予防を心がけておくと、発作が起こりにくくなりますので、予防の工夫がそのまま片頭痛の治し方とも言えるでしょう。

ふたつめは、群発頭痛です。この痛みは目の奥に起こり、目をえぐられるような痛みとよく形容されます。この痛みは相当なもので、痛みのあまり衝動的に窓から飛び降りるなどの行動に出る人もいるそうです。

この群発頭痛は現在その発生のメカニズムは解明されていません。ただ、これも血管の拡張が原因だとは言われています。ただしあくまで一説という位置づけであり、まだ原因もきちんと解明されたとは言えません。

この頭痛は、痛まない時期にはまったく起こらず、起こり始めると1~2か月間毎日頭痛が続く、というのが半年~2、3年の周期でやってきます。

発生のメカニズムも不明なため、治し方というのはまだ解明されておらず、基本的には痛み止めなどの対症療法になりますが、加齢とともに症状が弱まるという話もあり、どの程度の年数この症状が続くのかは個人差が大きいです。

最後に、緊張型頭痛です。こちらは原因もその治し方もはっきりしている、3種類の頭痛の中でもっともわかりやすいものでしょう。

特徴としては、頭を締め付けられるような圧迫感と痛みで、常に痛いという慢性的なものになりやすく、特に夕方になると頭痛が酷くなることが多いです。

ほかの2つのように、まったく動けなくなるというような痛みにはならず、生活に支障がないため我慢しながら放置しているという方も多いようです。ただ、やはり痛みを抱えたままですから集中力を必要とする作業は辛くなります。

この頭痛の原因は、筋肉のコリと緊張です。ですから治し方も非常に単純明快で、筋肉のコリをほぐしてやればいいのです。

また、筋肉が緊張することによって血管が収縮し、血流が低下することも頭痛の原因のひとつですから、お風呂などで首や肩を温めることも治し方としては有効です。

予防法も治し方と同じく、普段から筋肉が緊張しないように工夫すること。また、姿勢が悪いと身体に負担がかかり、筋肉も緊張しやすくなりますから、猫背など姿勢の悪さに自覚のある人は、これを正すことも治し方になります。

頭痛の種類によって治し方が真逆なものがあり、間違った対応をするとかえって悪化することもあります。それぞれの特徴が違うので判断はつけやすいかと思いますが、頭痛を伴う他の病の可能性もありますから、治し方を考える前にまずは病院で診察を受けた方が安心です。

お薦めサイト一覧

変形性膝関節症の治療でお悩みならこちらの方法をお試しください。

ブロック注射について詳しく知りたい方はブロック注射情報ナビをご覧ください。

高血圧の正しい治療方法をご紹介しております。

子犬のしつけでお困りの方は遠藤和博先生のしつけ教材がおすすめです。

新着情報

 2016年11月14日:TOP
 2016年11月03日:MRIを使った検査法
 2016年10月09日:ツボ押しで改善する