頭痛の治し方.com » 症状のご説明

症状のご説明

腰椎椎間板ヘルニアの症状に一番多いのはお尻から、足の先までの痺れや痛みです。これは、腰椎椎間板ヘルニアにより、坐骨神経が圧迫されるため起こるもので、酷い場合ですと、30分以上椅子に座っているのも辛く、車の運転などもまともに出来なくなります。

主な原因には日頃の生活習慣が大きく関係しています。特に仕事やスポーツで発症する方が多く、重いものをよく持つ運送会社に勤務されている方、また、一日中、座りっぱなしのタクシーの運転手の方などが挙げられます。

また、高齢で椎間板が老化し、腰椎椎間板ヘルニアになることもあります。この主な要因は、腰にかかる縦のストレスと、反るストレスです。縦のストレスとは長時間同じ姿勢でいる環境が多い方。

先程、例に上げた、運送会社の方やタクシーの運転手など、長時間座っている時間が長く、その間、体重のほとんどを腰で受け続けることになります。それが、長い間続くと、腰に対して縦のストレスが溜まっていき、発症する原因になります。

反るストレスとは、激しいスポーツなどが原因で、野球の場合、ピッチャーはボールを投げるとき体を反ります。サッカーなどはボールを蹴る時に体が反ります。この縦のストレス、反るストレスによって、腰に痛みやしびれが発症します。

ですが、このような痛みやしびれを防ぐ方法があります。それは、体のケアを自分自身で行うことです。自分自身で日頃の体のケアを怠らなければ、このような症状が起こることもありません。

あなたも、自分の体のコンディションに気を配り、自分の体は自分でケアしていくことを心掛け、腰椎椎間板ヘルニアを発症しない体を作っていきましょう。