頭痛の治し方.com » デザインを考える

デザインを考える

今話題のリノベーション。実際に中古物件を購入し、リノベーションするにあたり、空間のデザインをどうしていくかを決めていく作業があります。

この作業は、自分たちの理想をどう表現していくかというものになってくると思います。まず、どんな家にしようか? どのような居住空間をつくりあげたいか?

自由に思い浮かんだままのアイデアを出しあっていきます。将来自分たちの手に入れる理想の空間を思い描き、想像していく作業はとても楽しくすてきなワクワクする時間ですよね。

これこそ、この素敵な時間こそがリノベーションをするにあたりもっとも魅力となると私は思います。例えば、家族でリノベーションをされる場合、ご主人と奥様、お子さまとそれぞれの意見があると思います。

夢を皆さんでどんどん膨らませて、それらをしっかり伝え最終的に、プロの設計士が形あるものにしていくのです。

それぞれの希望をうまくとりいれて、どれだけ理想に近付けられるのか、それには、何度も何度も入念な打ち合わせを重ねていくことがポイントとなるでしょう。

プラン計画の相談をどこですればいいか分からない場合には、リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~などの紹介サイトで、デザインも扱ってくれる業者を探してみるといいでしょう。

例えば、こんなデザインを設計士さんと作られたのがあります。大きな希望は、広いワンルーム、将来子供部屋へ転用できる部屋、畳のある部屋、外の景色がみられるお風呂、家で仕事のできる空間、です。

これらをふまえて、できたのがこんなデザインです。まずエントランスホールを広くとることで開放感を作り出します。

そして、ここは将来子供部屋へとかわるのです。子供部屋となるまでは、ご夫婦の趣味などを飾るギャラリーとして使うことができます。

さらにキッチン横に畳の部屋をおき、こちらも将来子供部屋となることができるそうです。そして予算的に難しいとされていた、景色をみられるお風呂は、アイデアで可能となったようです。

それは、お風呂を外においてしまうということです。こうして、希望がすべて叶う家のデザインができてしまったのです。やはりリノベーションというのはすごい力を秘めていますよね。

可能性は無限大なのです。プロと協力し作り上げることで、とても斬新かつコンセプトにあったデザインが生まれてくるわけですね。