頭痛の治し方.com » 腰椎分離症について

腰椎分離症について

腰椎分離症は、その名の通り腰椎部分で分離症を起こしている状態のことを言います。主に背骨を構成している腰椎の椎弓の上下関節突起部分が離れてしまっているので、腰椎との連結ができなくなっている状態になっています。



これにより、かなりの負担がかなり増大し、同じ姿勢や長時間の立ちをすると痛みを出すでしょう。この腰椎分離症は、比較的若い世代に多く出ており、スポーツなどの激しい運動で発症するケースがとても多いです。故に、子どもにスポーツを指せる時は、十分注意しておきましょう。

そして、腰椎分離症の厄介のところが椎間板ヘルニアを起こすことが在ることです。分離症とヘルニアを同時に発症させると結構辛いことになります。

そして、もれなくすべり症まで発症することがあり、脊椎分離すべり症とグレードアップすることがあるので、本当に注意しないといけません。

治療のやり方としては、コルセットを使って安静状態で完治を待てば良いですが、ヘルニアやすべり症まで発症してしまうと、他の方法で治療しないといけない場合があるので、注意してください。

特にヘルニアが厄介で、これはしっかりと完治させるようにしましょう。そして、ココで注意しないといけないのが、安静と言っても、安静しすぎると筋肉が弱るので、適度にトレーニングはさせましょう。

そうでないと更なる病気を引き起こすことになるでしょう。もちろん、トレーニング時はコルセットを着用してください。

この腰椎分離症は、他の分離症に漏れずレントゲンなどで発見することができます。スポーツをしている子どもが不安なら、定期的に検査をしてみると良いでしょう。

症状が軽いと比較的簡単に腰椎分離症を完治させることが出来るので、検査をすることをオススメします。ただし、週一や週二などで検査しないようにしてください。また、腰椎分離症にならないように対策をするのも良いので、しっかりと対策を考えましょう。

腰椎分離症を完治させる治療方法はこちら