頭痛の治し方.com » ドライアイを改善

ドライアイを改善

ドライアイとは、乾き目、つまり目の表面が乾燥することによって痛みがでてしまう症状です。痛みの原因は様々で、ゴミが入っても水分が無いために刺さったように痛んだり、殺菌されずにばい菌で痛みが出たりすることもあります。

これらは涙が少ないから起こる症状です。つまり、涙の分量が減る、または涙そのものの成分が薄くなってきた状態をドライアイと呼びます。ドライアイの主な原因として、パソコンを使った長時間の作業がまず上げられます。よくパソコンをしながら定期的に目薬を打っている方を見かけますが、ほとんどの場合ドライアイ気味の症状が出ているといえます。

長時間モニターを見ていることで目は疲労し、また集中しているとついついまばたきもおろそかになりがちです。パソコンを終えても自宅でもパソコンを売っていると、慢性化してきてしまい、病院での治療を受けなければすぐには改善できなくなってしまいます。

涙の量は健康な目であれば常に一定に保たれています。目の表面にある涙の膜は、空気に触れると乾燥してしまいますが、まばたきによってまた膜が張られ、この動作を一定回数持続していることで目を守っています。

しかし特に読書やパソコン、デスクワークなどでは、時間が足りずについついまばたきを遠慮したり、勝手に制限してしまうことが目立ってきます。このまばたきをきちんとすることはなかなか難しく、多くの方はドライアイ用の目薬などで補給しています。

目薬をすればその分まばたきを制限し続けることが可能ですが、あまりそのことに慣れないように、できるだけ時間があればチェックしてまばたきをしておくことも肝心です。

パソコンやテレビの画面を見る角度については、やや下方にターゲットを置くと目にはいいようです。その分目を開けることが少なくて済みますし、まばたきにかかる時間も減らすことができます。

また夏場であればサングラス、そしてドライアイ専用のメガネなどを使用すると予防にも効果があります。