頭痛の治し方.com » 指導士について

指導士について

フットケア指導士とは、フットケアに関する専門的な知識と技術を持ち、美容から医療まで、幅広い分野で活躍できる足のスペシャリストです。

日本フットケア学会によって認定された資格ですが、毎回セミナー時受講が抽選になるほど人気の高い職業になっています。

フットケアに関する専門的な知識、とは、フットケアが欠かせない病態についての知識や、患者さんと医療チームとの関係の大切さ、フットケアに関する歴史などまで、幅広い知識が求められます。

また受験資格も定められています。国内で医師や看護師、准看護師や臨床検査技師、義肢装具士や臨床工学技士、介護福祉士といった国家資格を取得していることが条件です。

すでに活躍されているフットケア指導士の方もかなりの数に登ります。フットケア外来に在籍し、外反母趾や巻き爪などの様々なトラブルのケア、そして指導を行います。

またある外来では糖尿病患者のケアに焦点を置いています。糖尿病で怖いことの1つが、足の血管が傷つくことで起こる神経障害や壊疽などの皮膚の障害です。

これらによって足を切断しなければならなくなった方も多くいらっしゃいますが、症状が悪化することを防ぐためには、患者の意識をレベルアップすることが大切です。

フットケア外来ではこのための方法として、患者に足のチェックを毎日実施してもらうこと、また足に異常が起こったらすぐに外来で診てもらうことを推奨しています。

超高齢化社会と言われる現状の日本では、介護の現場でのフットケアも大切です。介護に従事されている方にもフットケア指導士の立場で指導をしている方が多くいらっしゃいます。

また要介護予防の団体にも活躍されている方が多いようです。フットケア指導士は正に今後の日本の健康エキスパートとして、大きな期待が寄せられています。

認定試験は年に1回行われ、マークシート式の試験になります。またポイントは必須のセミナーの受講資格です。どこどこの都市で開催される、と決定したらできるだけ早めにアポイントすることが必須です。

全国の樹木葬ガイドをご紹介