頭痛の治し方.com » MRIを使った検査法

MRIを使った検査法

腰痛や足のしびれなどで悩んでいる人もいるのではないでしょうか? そういった症状が現れた場合、腰部脊柱管狭窄症と呼ばれる病気かもしれません。

では腰部脊柱管狭窄症とはどのような病気なのでしょうか?腰部脊柱管狭窄症は脊柱管と呼ばれている背骨の部分が狭くなってしまうことにより起こる病気です。

背骨が狭くなることで神経などが圧迫されたり血流などが悪くなったりするため痛みや痺れなどの原因になるのです。

排泄障害なども重症化すると起こってしまうため非常に厄介な病気として知られています。この腰部脊柱管狭窄症を検査するときにはレントゲンやCT、MRIなどが使われます。

中でもMRIなどを使うことが多く、MRIを取ることで背骨がどのように狭くなってしまっているのかも知ることが出来るのです。

こういった検査は病院に行くことで行ってもらえるので腰痛などが続いていたり痺れなどが起こっていたりする場合にはしっかりと病院でMRIなどの検査を受けて診察をしてもらうことが大切です。腰部脊柱管狭窄症と診断されても治療方法は多くあるので安心してください。

腰部脊柱管狭窄症の主な治療は薬などを使った治療方法や運動などをする治療方法です。神経ブロックといった少し特殊な方法を使う場合もあります。薬などの場合には塗り薬や貼付薬などが使われることが多くあります。

場合によっては内服薬などを使うこともあります。運動療法などは自宅でも簡単にできるストレッチなどで血流を良くして痛みを和らげるといった方法です。

こういった方法などで痛みが治まらない場合には手術などを行うこともあります。手術を行うことでしっかりと治すことが出来るので痛みなどが続く場合にはこういった方法も視野に入れることをお勧めします。

まずは痛みなどを感じたらしっかりと検査をして医師の診断を受けることが重要です。そのあとに自分のあった治療方法を行いましょう。

腰部脊柱管狭窄症の主な治療方法をご紹介