頭痛の治し方.com » 手術負担の問題

手術負担の問題

椎間板ヘルニアは腰の骨を連結させ、クッションの役目を果たしている椎間板の内部にある髄核と呼ばれる組織が後方へと飛び出し、神経を圧迫することによって腰痛、または下肢痛などを引き起こす病気です。

飛び出した髄核をヘルニアと呼びますが、薬物や神経ブロック療法を継続させればある程度は引っ込んでしまうと言われています。

しかし、あまり長い滞在期間であった場合は、椎間板ヘルニアの手術を検討することも多くなります。この場合はもちろん、椎間板ヘルニア患者さんの体にとって負担の少ない方法をできるだけ選択するように考慮します。レーザー治療もその1つです。

中間療法と呼ばれていますが、椎間板内に直接レーザーというメスを入れることには変わりません。レーザー照射によって椎間板の髄核を蒸発させてしまい、内圧を低くしますが、圧迫が減ります。

この方法は、椎間板ヘルニアのガイドラインでは有効率があまり高くないと定義されています。そればかりか、椎間板や椎体には逆に悪影響を及ぼすことも指摘されています。先進医療として保険も適用されません。

それでも適用したいという方は多く、ほとんどはすぐにでも椎間板ヘルニアを完治させて社会復帰しなければならない、という方です。

同じレベルではありませんが、侵襲性の低い方法として、内視鏡術があります。従来はラブ法での摘出が普及していましたが、内視鏡を執刀する技術を持つ医師が増えてきています。

全身麻酔、あるいは腰椎麻酔をして切開をし、椎弓や筋肉などの組織をできるだけ傷つけないで済む低侵襲手術です。また術後の痛みも少なくて、入院期間も短くなります。

レーザー同様に内視鏡も熟練の技術を要します。このことから、日本整形外科学会で脊椎内視鏡下手術の技術認定医を認定しています。

手術は安全がもっとも大事です、内視鏡術は保険適用が可能ですが、現在では厚生労働省が認可した病院に限られています。

実施している病院はそれほど多くはありませんので、病院の選択には十分な注意も必要と思います。