頭痛の治し方.com » 症状について

症状について

脊柱管狭窄症は数百メートル歩くと、休み、休みでないと歩けなくなる特徴があります。ただ疲れているだけかもと思い込み、放置していますと後々、大変なことになります。

では、脊柱管狭窄症とは、一体どんな病気なのかお伝えしていきます。私たちの身体には脊柱という身体を支えてくれている大切な骨があります。それは頭から始まり、お尻辺りまで続いています。

この骨の中には脊柱管という神経が通る空間があり、この中を通る神経を圧迫してしまうことで、しびれや痛みが起こります。症状としては腰が痛い、歩くと足が痛い・重いなど様々です。

体の表面に分かりやすく出るのに、安易に考えてしまうのは何故か?それは、先程も少し説明しましたが、腰に痛みやしびれが出ても、少し休むことで軽減・消失してしまうからです。このことを間欠性跛行と言います。歩いていて疲れたと思っても休憩すれば、腰の痛みやしびれが和らぐのです。

しかし、脊柱管狭窄症の症状が悪化してくると、数百メートルの距離を歩けたのに、数十メートルしか歩けなくなり、最後は、歩くことが出来なくなり、車椅子生活を送ることになります。そうならないためにも、少しでも早く症状を緩和させる必要があります。

そこでお勧めなのが、50万人の脊柱管狭窄症患者が救われた、中川式腰痛治療法です。この腰痛治療法は今までどこへ行っても改善することが出来なかった、重傷な方達を大勢治してきました。

中には車椅子生活から復帰した方も何人もいるそうです。もし、あなたが脊柱管狭窄症でお悩みなのであれば、ぜひ、一度試されることをお勧めしたいと思います。