頭痛の治し方.com » ストレッチのご紹介

ストレッチのご紹介

腰椎すべり症になりますと、リハビリ療法や痛みの無い時など腰椎すべり症の治療として、ストレッチを用いることがあります。またストレッチは痛みがある場合でも痛みをひどくしないような方法をとることが腰椎すべり症の治療効果を上げることに繋がります。

手首や足首などを規則的に動かしたり、腰部以外を色々と伸ばす動作を繰り返すことで、自分一人では立てなかったような方でも何度か実行するうちに立てるようになってくることがあるようです。

また、腰椎すべり症でレントゲンを取ってみてもその腰部の状態に変化は無いにもかかわらず、全身のバランスを取り戻したように立つことができるようになることで、かなりストレスを軽減することにも役に立つでしょう。

具体的な腰椎すべり症のストレッチ効果としましては、筋肉をほぐすことでしょう。こわばった筋肉の緊張を解き、全身のリラックスの度合いが広がりますので、腰部にもその効果は波及する可能性は十分にあるでしょう。

ストレッチ方法の例としましては、仰向けの状態で膝を上部まで抱えるように折りたたむ動作を繰り返すことで、血行をよくしたり筋肉を伸び縮みさせほぐすことができます。

腰椎すべり症は腰を支えている筋肉、そして椎間板などが弱ってしまうことでいっそうズレが大きくなる可能性が高いため、どうしても腰を支える筋肉を鍛えることが必要になってきます。そして腹筋もとても大事な部位です。

仰向けになった状態で、膝を立てます。そして膝へ手を伸ばしながら頭を上げる、という比較的覚えやすく繰り返しやすい運動をすることで腹筋を鍛えることが可能でしょう。

また、ブロック注射治療の狙いにもありますが、血行を良くするために、様々な動作させる機会が少ないところを運動させることで全身の血行をよくすることができます、その方法がわからない場合には医師に相談してみるのがよいでしょう。

このような簡単な動作がいざとなると強い味方となることが多いです、また、普段からやっておくことで腰椎すべり症の予防としてかなり効果的な手段でしょう。

腰椎すべり症の治療はこちらから