頭痛の治し方.com » 健康とチック症

健康とチック症

チック症という病気は特に子供に多く、発症確率は10人に1人とかなり多めの神経疾患です。

また過度のまばたきや肩すくめ、顔のしかめなどのある意味ではただの癖と勘違いされるような症状が多いため、むやみに癖を矯正するようなことがないように注意しなければなりません。

また症状が慢性化してしまう場合をトゥーレット症候群と呼びます。症状は2つに大別され、運動方面ではまばたき系、つまり顔の症状が出ます。

首を振ったり、また時にはジャンプしたり、手足が変に動いたりもします。これに対して音声に症状が出る場合は、あー、うーん、というような単発的な泣き声などを連発します。

原因は明らかにはわかっていませんが、脳の一部との関連が示唆されています。また治療法については、生活指導と薬物療法を用います。

症状にとらわれすぎないように、特別な異常ではないことを教えて不安感を取り除き、またむやみにしからないようにすることが大切です。

また運動方法などを教えてその気持ちよさを体感させたり、他にも興味がありそうな新しいことにチャレンジさせる環境を与えることで、少しずつ離れていくようにするのも効果的です。

症状の程度が強く、また本人も次第に気にするようになるようであれば、薬剤を中心とした治療をします。主には向精神薬剤が中心となります。また子供の場合は副作用に気をつけなければなりません。

なかなかよくならないのは、ほとんどのケースで周囲の人間がもっと放置しなければならないような状況になっています。

患者本人の性格として、感受性が高かったり、傷つきやすい、優しいなどの性格が冗長していると見られる例も多くあります。

思春期前ですが子供ですので、やはり大人よりも何倍も多感な時期です。また受け止めても反発は少ないですので、親でもしかることはよくありません。やさしくしたほうが本人の素直な才能が伸びると思って、のびのびさせてあげることが理想です。