頭痛の治し方.com » むち打ちへの対処法

むち打ちへの対処法

追突事故で怖いのが首のむち打ち症です。軽い追突でも首が大きくしなってしまい、可動域を超えれば超えるほど重くなります。また事故後は大した影響が無かった、と思いこむことがほとんですが、徐々に後遺症は大きくなります。

事故後は事故処理が必要です。またもしもむち打ちのせいでもっと経済的に多く稼げていた、という場合は事故の相手に対して請求することができますので、できるだけ早めに手を打っておく必要もあります。

しかし、むち打ちはやはり痛くて嫌なものですから、治療を遅らせるわけにも行きません。このような症状に効果がある治療法として、薬物療法や温熱などがありますが、首の痛みが一向に緩和できないという場合は、麻酔的な方法で痛みを抑えることを考えます。

またこの方法で代表的なものが、腰痛に使用されるブロック注射です。痛みのできるだけ早期から悪循環をブロックし、血行をよくして自然な回復力を高める、という狙いもあります。

即効性がありますし、決して一時しのぎではない、というメリットがあるのが、ブロック注射のよいところです。

むち打ちの場合、局部の知覚神経を麻痺させることで痛みの伝達を阻止します。そして運動神経にも作用することで、筋肉の緊張を解き、交感神経を柔らかくして血行を高めることができます。

ここで多くの方が考えるのが、ブロック注射の痛みについてです。ブロック注射は未経験、という場合、怖い気持ちになって当たり前です。特に首の部位に注射をしますので、女性にとってはつらいものです。

しかし、仕事や家事など、どうしても首に負担のかかることが多い症状です。そしてブロック注射以外に即効性の高いものはあり得ませんので、その魅力に負けてしまう方は多くいらっしゃいます。

神経ブロックはペインクリニックが主な施術場所です。痛みの治療をするところですから、麻酔専門医が全力を尽くして治療にあたります。整形外科や鍼灸、整骨などで無駄な治療をする前に、是非受けてみることをお勧めします。