頭痛の治し方.com » フットケアの重要性

フットケアの重要性

フットケアといえば今ではかなり意識されている方が多いようです。これは足のケアですが、主に足裏のケアをすることを言います。

またこの技術の本場はドイツであり、日本でもドイツ語をそのまま持ってきてフスフレーゲとしてサロンを開業しているところが多くあります。

足裏をケアすることは、まず美容のためだろう、とイメージしがちですが、とんでもない、ほぼ全身の美容、そして健康のためにも欠かせないケアだと言われています。

例えば腰痛が起こるのも足裏の異常が原因だと見られる方が多く、ウオノメを我慢して歩くことで姿勢が悪化して腰痛になったり、またよくある偏平足、足裏のアーチが失われた状態で、クッション性が無い歩き方によって腰痛になる場合も多いと言われています。

足をケアすることはこのように、健康に欠かせないケアであり、ドイツでは床屋さんと同じようなものです。

身だしなみとして髪を切ったりヒゲを剃るように、健康も身だしなみの1つである、というあたりは、やはり西洋的ですが、日本人も現代社会の真っ只中にいる限り見過ごすことはできないと言えます。

腰に痛みがあるのに、整形外科ではどこも悪くないと言われたので内科で今度は内臓を調べてもらった、しかし異常が無い、という方がフットケアで救われた、という話もよく耳にします。

この施術では皮膚の病気や足裏のアーチのケアをしたり、角質のケアもしますし、靴のインソールのカスタムオーダーも可能です。また歩き方が悪ければアドバイスをしますし、とにかく足の健康についてはスペシャリストだ、と思って安心してケアを受けることができます。

また、最近では病院でもフットケア外来が増えています。主には糖尿病患者の足のケアをし、足を清潔に保つように外来患者のアドバイスもします。

また民間のプロがアドバイスを行う場合も多いようです。様々な病気にも大きな効果がある技術ですので、多くの方が見直すべきケア法です。